万が一の時に備えて行う空室対策|入居者を増やすためには

女の人

基本的なことを知っておく

模型

投資用の物件を購入する際に、周りの建物の家賃相場よりも高く設定したいため、不動産会社とよく相談しておきたいです。駅からの距離はもちろんですが、急行列車が停まるのか、大規模な修繕をしているか、あるいは借主が自らリフォームできるようにするなどを検討しておきましょう。

Read

入居を増やし退去を減らす

集合住宅

入居率をあげるには

部屋を借りている方もいずれは何らかの理由で退去する時が来ます。退去後、いかに早く次の入居者を決めるかで、賃貸管理には大きな差が出て来ます。10数年前は、綺麗に掃除したり、綺麗に内装を変えれば次の入居者は割と早く決まるものでした。しかしながら、今は内装リフォームだけでは早い入居率には繋がらなくなって来ています。では、どの様にしたら良いのか。ここでオーナーサイドの空室対策を考えて行く事で、良い結果が出せるようになると思います。昨今、「企業努力」という言葉を耳にしますが、今はオーナーサイドもこの「企業努力」をする事で、借主側もその誠意を感じています。リフォームの際に、現況の使い勝手が本当に良いか。ターゲットを決めて、そのターゲットに適した内装リフォームになっているか。更にプラスαのサービスが付加される事も、借主側では大変喜ばれます。賃料だけでは表せないサービス、賃料に見合ったサービス、賃料以上のサービス、これらを満たして行くと、それが魅力として検索数や内見数、そして成約率を上げるものとなります。この様な空室対策を充実して行く事で、良い入居者の方が多くなる傾向もあります。

退去率を下げる

借りている方も何らかの理由で退去する事がありますが、その理由は様々です。転勤や結婚等、現在の住まいを変えざるをえない理由で転居される方もいれば、今住んでいる物件が理由で退去をする方もおります。この後者の理由の場合、改善が出来れば、それもまた空室対策になります。現在お住まいの方に、如何に良い住まいとして長く住んでもらえるか。ここにもオーナーサイドの「企業努力」が必要不可欠です。まず、苦情や改善の報告があれば、迅速・適切な対応を心掛ける。周りの相場より高い、また収支に少し余裕があるようなら、ほんの少しの賃料改定や更新料の減額等を施す事も喜ばれます。その時の景気や世の中の流れに沿った設備の追加充実なども、住みやすさというサービスを提供出来ると思います。退去してしまった後の内装リフォーム代は、安価な物ではありません。例えばすぐ退去したばかりだからといって、クリーニングしない訳にもいきません。退去が続けばそれだけ内装リフォームの回数も増えます。必要経費を最低限に抑えて、その経費が入居者へのサービスとして提供出来るなら、空室対策としてとても有効だと思います。

連帯保証人と保証会社

インテリア

連帯保証人は借主の家賃滞納等の際に代わりに家賃債務保証するために、賃貸物件の契約の際には必須となっています。しかしながら、連帯保証人になってくれる人がいない場合もあります。そのような人のために保証会社を使用します。

Read

不動産ファンドをする

外観

みんなで大家さんという不動産ファンドがあります。ホテルや商業施設に投資され、1口100万円から購入できて3年の満期まで2ヶ月に1回の割合で想定利回りの分配金を受け取ることができ、運用が終了する日の翌々月末に最終分配金と出資金が返還されます。

Read