連帯保証人と保証会社|万が一の時に備えて行う空室対策|入居者を増やすためには

万が一の時に備えて行う空室対策|入居者を増やすためには

メンズ

連帯保証人と保証会社

インテリア

保証会社とは

賃貸物件を借りようとする際には家賃滞納した際に代わりに家賃債務保証してくれる人が必要です。そのため、ほとんどの賃貸物件では連帯保証人が契約時には必須になっています。しかしながら、身内が全くいない人など連帯保証人になってくれる人がいない人もいます。このような人は連帯保証人の代わりとなってくれる保証会社を使用するのがよいと思われます。保証会社は初期費用はかかるものの、連帯保証人として借主の家賃滞納が発生した場合の家賃債務保証を行なってくれます。保証会社使用にかかる使用料や契約形態は各保証会社によって異なりますので、借りようとしている物件に長期で住むか、短期で住むかを考えて自分にあった料金プランにすることで使用料が抑えられると思われます。

その他の債務

家賃滞納が発生した場合の家賃債務保証以外にも連帯保証人や保証会社が保証すべき債務はあります。例えば更新料です。これは2年に一回かかることが多いですが、この更新料についても保証すべき債務になりますので、連帯保証人や保証会社は保証する必要があります。また、もし室内で孤独死等があった場合はその原状回復費用についても保証する必要があります。その他にも考えられる債務は沢山ありますが、連帯保証人や保証会社は借主の発生する債務について家賃債務保証以外にもあると知っておかなければなりません。それを知った上で、連帯保証人としてお願い出来るか、また費用はかかるものの保証会社を使用するか決めることが大切ではないかと思われます。